Webページを構成する要素

Webページを構成する要素

WebページはHTML, JavaScript, CSSを用いて実装されます。それぞれのサンプルを示します。

HTML

HTMLタグを組み合わせてページの構造を表すドキュメント

<!doctype html>
<html lang='en'>
<head>
<meta charset='UTF-8'>
<meta name='viewport'
content='width=device-width, user-scalable=no, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, minimum-scale=1.0'>
<meta http-equiv='X-UA-Compatible' content='ie=edge'>
<title>Document</title>
</head>
<body>
<h1>Hello world</h1>
</body>
</html>

CSS

HTMLタグ毎にスタイル(見た目)を指定するための仕組み

h1 {
color: red;
font-size: 48px;
}

ブラウザ上で実行出来るスクリプト言語。HTMLタグを組み替えたり、ユーザのインタラクション(例: クリック)に応じた操作を作ることが出来る。

console.log("Hello world");

これらを組み合わせてブラウザで表示すると、こういった結果となります。

次のページでは、これらを組み合わせて実際に動くボタンの Component(コンポーネント = 要素) を作るところから試していきます。